頭皮のかゆみとフケ記事一覧

フケは頭皮のかゆみにおいて一番多い原因となっています。フケは自然に剥がれ落ちた頭皮の角質層ですから、多少のフケというのは誰にでもあるものです。洗髪後は頭皮の角質層は洗い流されていますから、フケはありません。

フケの原因の一つに頭皮の乾燥があります。では頭皮の乾燥を防ぐためにはどのような方法があるのでしょうか。そのためにはまずフケの原因を探りましょう。

頭皮がかゆいままにしておくと、抜け毛につながります。頭皮は毛穴に汚れがつまり、乾燥し、フケになるとかゆくなります。余分な皮脂が毛穴につまっていますから、放置すれば皮脂はさらにたまり、毛根に負荷を与えてしまいます。そうすると限界を超えた時点で抜け毛になっていくのです。

フケやかゆみが長引くと、頭皮にもトラブルが起こります。頭皮のターンオーバーは大体1〜1ヵ月半が正常と言われています。健康であればフケが目に見えることはありませんが、頭皮のターンオーバーが乱れているとフケは大きくなります。

頭皮も皮膚の一部ですから、4週間ほどで新陳代謝によって生まれ変わります。フケはその際に剥がれ落ちてくる皮膚と皮脂と酸化物の混合体で、誰もが持っているものです。フケは年齢、性別、生活習慣、ストレス、ホルモン分泌の異常などによって皮脂が増え、フケの原因となる菌が増殖することで発生します。

シャンプーを毎日して清潔にしている人でもフケは生理的に発生します。頭皮は新陳代謝を行っていますから、多少のフケは出るものです。ですがフケが異常に多く出るという人もいます。

TOPへ